筋力トレーニングの重要性|大分市パーソナルトレーニング

筋力トレーニングの重要性|大分市パーソナルトレーニング

2019年1月19日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

筋力トレーニングの重要性|大分市パーソナルトレーニング


最近の健康志向から筋トレをする人が増えてきています。筋トレをすると病気に強い身体を手に入れることができ、ほかにも基礎代謝の向上や精神の安定につながるなどさまざまなメリットがあります。
筋肉が肥大すると体温が高まります。そうなると免疫力が向上して風邪などの病気にかかりにくくなるのです。また、体温が向上するということはそれだけエネルギーが必要になります。つまり、基礎代謝が向上して日常生活での消費カロリーが増え、ダイエット効果が期待できます。そして、筋トレをすると分泌されるテストステロンというホルモンは、幸福感を与える作用があるので精神的な満足も得られ、うつ病対策にも効果があります。
このように筋トレは健康のためによい効果があるのです。


フィットネスクラブに通って体を鍛える人もいますが、近くにジムがない人は自宅でできるトレーニングに取り組んでいるかと思います。しかし、筋トレとはただ単に筋肉に負荷をかければいいというものではありません。ジムに通っている人はトレーナーからアドバイスをもらえますが、一人でやっていると間違ったフォームで筋トレをしてもなかなか気づきません。正しい筋トレをしないと、順調な筋肥大が望めず、場合によっては筋肉や関節の炎症につながる恐れもあります。
特に筋トレ初心者が失敗しやすいのが、筋トレを素早くすることです。例えばダンベルを上げるにしても、上げ下げを素早くすると反動の力を利用することができ、筋肉を楽にさせることになるのです。また、反動の力が大きければ肘などの関節を痛める原因になります。


筋肉をしっかり鍛えたいのならば、ゆっくりと筋トレしてください。筋肉を動かしている最中はずっと負荷がかかり続けるので、さっさと筋トレをするよりよほどきついです。そのため筋トレは、慣れてきたらよりゆっくりとした動作で負荷を強くするという方法があります。スクワットでも1動作を2秒かけていたのを、5秒にするだけで単純計算で倍以上の負荷をかけることができるのです。意図的にゆっくり筋トレを行う方法を「スロートレーニング」といいます。


また、筋肉痛が発生した日は素直に筋トレを休むことも重要です。筋肉痛とは筋繊維が破断した状態のことを指します。その切れた筋繊維が元に戻るとき、より太い繊維がつくられることで筋肉が増強します。これが筋肥大のメカニズムです。筋肉痛なのに無理して筋トレをすると、破断している筋繊維がますますちぎれるだけで一向に筋肉は増えません。痛いなら休むが筋トレの基本です。
筋トレの正しい知識を頭に入れて、身体も心も健康になるトレーニングをしましょう。


Facebook: 筋肉学校|大分市パーソナルトレーニング

YouTube:筋肉学校|大分市パーソナルトレーニング

▲TOP