筋トレの最低知識

筋トレの最低知識

筋トレの最低知識


筋トレ「筋力トレーニング」とは過負荷の原則を基本に重力と負荷を利用し筋繊維を刺激して筋肉の同化作用を促すトレーニングです。この筋トレを開始する、又は現在筋トレを行なっている方にも最低限の知識を得る事は非常に重要な事です。


筋トレの必要性


どうして世界中の人々が筋トレを約100年以上前から行っているのか?スポーツには様々な競技が存在しますが筋力トレーニングの歴史は非常に古くから存在します。昔は戦争の際の力として重要視されていましたが、現代ではボディメイク「素敵な肉体」を成功させる為、健康維持増進の為など理由は様々です。現代人の筋トレ人口は今でも世界中で年々増加しています。

最近では筋トレの研究も進み、単に彫刻のような素晴らしい体を手にするだけでなく、うつ病等の神経系の疾患から癌の発症や転移のリスク低減まであるという報告がされています。ここまで研究が進むと筋トレを行わない理由はないくらいですね。ただし重要なのは単に筋トレと言う「動作」を行うのではなく「効かせる」筋トレが的確にできているか?これが重要になってきます。


筋トレの効果はすぐに現れるか?


筋トレを開始して自分で実感できるにはどの程度の時間が必要か?この質問は大分市でパーソナルトレーニングスタジオを運営していると頻繁に聞かれる質問です。この答えは、まずは正しい正確なフォームと適性重量で行われた場合、人間の筋細胞は約80日で全てが入れ替わると言われていますので、最長で80日あれば各自に体感できるレベルに達します。ただし繰り返しますが「正しい筋トレ」を行った場合です。

正しい筋トレとは適正な重量や挙動回数、フォームさらに食事「栄養面」が適切である事を意味しています。食事に関しては自分の体重に3程度をかけたタンパク質を摂取しているか?低強度のトレーニングでも最低2グラムの良質なタンパク質の摂取は必須です。それから糖質OFFブームが存在しますが、筋肉を増やす場合に糖質をカットしたら筋肉は大きくなれません。

このように筋トレと食事の両面が適正に行われた場合は確実に2〜3ヶ月のスパンで筋肉は大きくなって行きます。


筋トレは毎日行って良いのか?


これも頻繁に質問される事ですが答えはYESです。ただし同じ部位をトレーニングするのはNGなんです。全身を一度に鍛えるならば週に2〜3回のトレーニングがベストですね。例えば私のように月曜日に「胸」火曜日に「背中」水曜日に「脚」木曜日に「肩」金曜日に「腕」土曜日に「腹」このように鍛える部位を分割していれば基本的に毎日のトレーニングは可能ですが、初心者や中級者は週に2〜3回のトレーニングから開始する事をお勧めします。

筋肉は休養が重要です。激しい筋トレで破壊された筋繊維は猛烈な勢いで回復を試みます。この際に良質なタンパク質が必要ですが、この回復の期間は同じような刺激を同部位に与えてはいけません。基本的にトレーニングを行った部位は48時間以上休ませてあげましょう。そして次回のトレーニングに備えるのです。


筋トレは若者だけでなく健康長寿への第一歩です


筋トレを始めるのに「早いも遅いも」ありません。6歳〜80歳までの人間は確実に筋トレの恩恵を受ける事が可能です。大分市でパーソナルトレーニングスタジオを運営していますが年配の方は70歳を超えていて、確実に入会時より筋肉量は増加して日常生活でも変化を実感して頂いております。

長寿の国「日本」と言われていますが、現実は「寝たきり長寿国」である現実が存在します。元気で長生きする為にも筋トレを取り入れて下さい。


大分市パーソナルトレーニングワイズボディメイクHP

筋肉学校Facebook

筋肉学校YouTube

TOPページへ